どうして婚約指輪といえばダイヤなの?

永遠の愛を意味します

婚約指輪といえばダイヤモンドが嵌められたシンプルなデザインのものが好まれますが、どうしてなのか、疑問を感じた人もいるはずです。理由はとても簡単なもので、ダイヤモンドというのは鉱石の中でももっともかたい石で、それゆえ永遠の愛情を意味するのです。石にはそれぞれ意味や言葉が含まれていますので、相応しいものを選ぶこと、これも当たり前ですが大切なことになります。
婚約というのは結婚の約束であり、すなわとこの先の永遠の愛を誓うものになります。そういった意味でダイヤモンドというのはぴったりの石であり、しかも価値も高く、美しさも魅力のひとつになっていますので、そういった理由で選ばれることが多くなっているのです。

他の宝石でも問題はありません

婚約指輪で人気の宝石はダイヤモンドですが、絶対にそうしなければいけないという決まりごとはありません。石の言葉で永遠があるので婚約指輪に使われやすいのですが、好みでなければ他の石を使ってもいいですし、誕生石にする人も多くなっています。
それでも女性の多くはダイヤモンドが好きなものですし、婚約指輪として昔からジュエリーショップのキャンペーンで意識にすり込まれてしまっている部分もあります。それゆえ特に相手側にこだわりがないようならダイヤモンドを選んでおくのが無難であり、むしろ喜ばれることになります。また土台の金属はプラチナがおすすめになっていて、結婚指輪と同様に、この先も使うものなのでベーシックなデザインが好まれます。